神経回路情報処理研究室

研究者紹介

佐村 俊和

佐村 俊和(准教授)
Samura Toshikazu
研究関連キーワード
  • 計算論的神経科学
  • 脳型情報処理
  • ニューラルネットワーク
  • リモートセンシング
研究室ホームページ
http://www.ncc.csse.yamaguchi-u.ac.jp/

SDGsロゴ SDGsアイコン9 SDGsアイコン11 SDGsアイコン13

研究タイトル

脳の情報処理解明から知的情報処理システムの構築へ~社会課題の解決に向けて~

脳に存在する神経細胞は、互いに繋がり回路を作っています。1つ1つの細胞が発する電気信号は、その回路を通じて他の細胞に送られています。私たちは日々の経験を記憶できますが、これは経験が脳の回路に書き込まれ、神経細胞の信号のやり取りが変化した結果だと考えられています。そのため、神経細胞の信号のやり取りの変化の仕組みを明らかにすることが、脳の情報処理の解明につながります。そこで、人工的に回路を作り、その信号のやり取りを調べるコンピュータシミュレーションを用いた研究を行っています。また、研究で得られた知見の応用として、脳の情報処理をヒントに作られたニューラルネットワーク技術の改良や人工衛星画像からの災害検出などリモートセンシング分野における技術開発にも取り組んでいます。最終的には、脳と同じ情報処理(脳型情報処理)を行えるコンピュータを実現し、様々な分野での社会課題の解決に貢献したいと考えています。



2種類の神経細胞(赤と青)をドーナッツ状に配置して作成した人工的な回路例
2種類の神経細胞(赤と青)をドーナッツ状に配置して作成した人工的な回路例。丸と線はそれぞれ神経細胞と神経細胞同士の一部の繋がりを表しています。

Copyright © 2005-2020 Yamaguchi University, Faculty of Engineering, Dept of ISE. All Rights Reserved.