神経回路情報処理研究室

研究者紹介

佐村 俊和

佐村 俊和(准教授)
Samura Toshikazu
研究関連キーワード
  • 計算論的神経科学
  • 脳型情報処理
  • ニューラルネットワーク
  • コンピュータシミュレーション
研究室ホームページ
http://www.ncc.csse.yamaguchi-u.ac.jp/

研究タイトル

コンピュータシミュレーションによる脳の情報処理解明~脳型情報処理の実現に向けて~

脳に存在する神経細胞は、互いに繋がり回路を作っています。1つ1つの細胞は電気信号を発しますが、回路を通じて他の細胞に送ることで、信号をやりとりしています。私たちは様々な体験を記憶することで、ある事柄を理解できますが、これは様々な体験の記憶が脳の回路に書き込まれ、神経細胞の信号のやり取りが変化した結果だと考えられています。そのため、神経細胞の信号のやり取りを明らかにすることが、脳の情報処理の解明につながります。コンピュータ上に神経細胞を再現し、脳と同じ人工的な回路を作れば、その信号のやり取りを調べることができます(コンピュータシミュレーション)。そこで、様々な状況での神経細胞のやりとりを明らかにするために、コンピュータシミュレーションを用いた研究を行っています。最終的には、脳と同じ情報処理(脳型情報処理)を行い入力情報を記録するだけでなく理解できるコンピュータを実現したいと考えています。



2種類の神経細胞(赤と青)をドーナッツ状に配置して作成した人工的な回路例
2種類の神経細胞(赤と青)をドーナッツ状に配置して作成した人工的な回路例。丸と線はそれぞれ神経細胞と神経細胞同士の一部の繋がりを表しています。

Copyright © 2005-2019 Yamaguchi University, Faculty of Engineering, Dept of ISE. All Rights Reserved.