国際会議IEEE GCCE 2019で本学科の大学院生が優秀ポスター発表賞を受賞!(2019.10.21)

2019年10月15日(月)~18日(金)に、千里ライフサイエンスセンター(大阪市)で開催された国際会議「2019 IEEE The 8th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2019)」において、大学院創成科学研究科博士前期課程電気電子情報系専攻1年のMohd Hafizuddin Bin Kamilinさん(指導教員:山口真悟教授)が、GCCE 2019 Excellent Poster Award Silver Prizeを受賞しました。この賞は、GCCE 2019において優秀なポスター発表を行った著者に贈られる賞です。対象となった論文は、「An Auto-Scheduling Framework for the Internet of Things Based on Process and Optimizer Module」(著者:Mohd Hafizuddin Bin Kamilin, Mohd Anuaruddin Bin Ahmadon and Shingo Yamaguchi)です。「Design Once, Provide Anywhere(一度設計したら、どこでも使える)」というコンセプトに基づき、IoTアプリケーションを設計図から装置や環境に合わせて自動生成する手法を提案しました。受賞に対してMohd Hafizuddin Bin Kamilinさんは、「今回の受賞を励みにして、AIとIoTを組み合わせた新しいシステムとその開発法について研究を進めていきたいと思います。」と感想を述べています。(写真:IEEE GCCE 2019 Excellent Poster Awardを受賞したMohd Hafizuddin Bin Kamilinさん(右))

国際会議IEEE GCCE 2019で本学科の大学院生が優秀ポスター発表賞を受賞!
Copyright © 2005-2019 Yamaguchi University, Faculty of Engineering, Dept of ISE. All Rights Reserved.