藤田悠介准教授・浜本義彦教授らが2019年度土木情報学論文賞を受賞!!(2019.10.04)

本学科の藤田悠介准教授(大学院創成科学研究科工学系学域知能情報工学分野)、浜本義彦教授(同分野)らが、2019年9月26日(木)から27日(金)に開催された第44回土木情報学シンポジウム(会場:土木学会(東京・四ツ谷))において、2019年度土木情報学論文賞を受賞しました。 この賞は、前年の土木学会論文集F3(土木情報学)に発表した論文の中で、独創的な業績を挙げ、土木情報学における学術・技術の進歩、発展に顕著な貢献をなしたものと認められた論文に対して授与され、本年度は2件の論文が選出されました。 受賞論文の題目は、「コンクリート構造物の外観検査のための画像合成および半自動ひび割れ評価」(土木学会論文集F3(土木情報学)Vol.74(2018)No.1に掲載)です。論文では、コンクリート表面のひび割れ評価のために、従来の画像処理法に人の認識を組み合わせることにより、処理精度の向上と撮影の省力化を可能とする半自動システムを提案しており、その有効性が示されたことが高く評価されました。 (写真左:受賞した藤田悠介准教授(左)と蒔苗耕司氏(土木学会土木情報学委員会委員長)(右)、写真右:授与された賞状)

藤田悠介准教授・浜本義彦教授らが2019年度土木情報学論文賞を受賞!!
Copyright © 2005-2019 Yamaguchi University, Faculty of Engineering, Dept of ISE. All Rights Reserved.