河村圭准教授・中村秀明教授が2018年度土木情報学論文賞を受賞!!(2018.10.11)

本学科の河村圭准教授(大学院創成科学研究科工学系学域知能情報工学分野)が、2018年9月27日(木)から28日(金)に開催された第43回土木情報学シンポジウム(会場:土木学会(東京・四ツ谷))において、2018年度土木情報学論文賞を受賞しました。この論文賞は、土木学会論文集F3(土木情報学)に掲載された論文・報告を対象に、年度ごとに最も優秀であった論文1編に対して授与されるもので、今年度は58編から選考されました。受賞対象となった論文は、「トンネル壁面画像展開図作成における画像間の画素値差分布の勾配を利用した画像結合位置探索手法に関する研究」(土木学会論文集F3(土木情報学)Vol.73(2017)No.2 に掲載)(著者:河村圭,吉崎晶俊,Cuong Nguyen KIM(以上、山口大学),塩崎正人(三井住友建設(株)),中村秀明(山口大学))です。本学科の中村秀明教授(同研究科同分野)も連名者です。河村准教授らの研究は、重要な社会基盤施設の1つであるトンネルの点検を対象に、トンネル壁面画像展開図(パノラマ画像)作成のための高精度な画像結合位置探索手法を提案しており、独創的かつ有用性も確認されていることから、土木情報学論文賞に値する論文として高く評価されました。本研究は、今後の社会基盤施設の維持管理の高度化また効率化のための基礎技術として期待されています。(写真:授賞式で表彰を受ける河村圭准教授(左)・土木学会土木情報学委員会委員長(右)(上段左右)、授与された賞状(下段)))

河村圭准教授・中村秀明教授が2018年度土木情報学論文賞を受賞!!
Copyright © 2005-2018 Yamaguchi University, Faculty of Engineering, Dept of ISE. All Rights Reserved.