平成29年度山口大学数理・情報系合同卒業論文発表会を開催(2018.03.01)

2018年3月1日(木)に、平成29年度山口大学数理・情報系合同卒業論文発表会(会場:山口大学吉田キャンパス大学会館2階会議室)を開催し、教育学部および理学部、工学部、農学部の数理・情報系の学科・コースの学生たちが卒業論文の成果を発表しました。本学科からは、今年度の卒業論文審査会(2018年2月21日実施)において優秀な発表を行ったとして、最優秀発表賞ならびに優秀発表賞を受賞した学生を含む4年生7名が、工学部および学科の代表として、発表を行いました。山口大学では、複数の学部に数理・情報の教育組織をもつという特徴を活かしつつ、学内の他の専門分野の教員や、学外の教育機関や産業界との連携を図りながら、超スマート社会の進展に貢献できるデータサイエンス人材を育成する体制づくりを進めているところです。この取組の一環として、数理・情報系の学科・コースの学生・教員が学部の枠を越えて横断的に交流し、また刺激し合うことで教育効果を高めることを目的に、今回、このような合同での卒業論文発表会を開催したものです。なお、このたびの発表会では、本学科4年の立木茜さんが最優秀発表賞(学部長賞)を、同じく本学科4年の勝木龍太さんが優秀発表賞(学部長賞)を受賞しました。(写真:発表を行う本学科の学生たち(上・中段、下段左)、最優秀発表賞および優秀発表賞を受賞した学生たち(下段右/左から2人目:最優秀発表賞の立木茜さん、左から1人目:優秀発表賞の勝木龍太さん、中央:合同卒業論文発表会実行委員会委員長(理学部長)松野浩嗣教授))

平成29年度山口大学数理・情報系合同卒業論文発表会を開催
Copyright © 2005-2018 Yamaguchi University, Faculty of Engineering, Dept of ISE. All Rights Reserved.