第19回IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS 19th)において、複数の学生が受賞!(2018.01.12)

2017年12月2日(土)~3日(日)に、島根大学松江キャンパスで開催された第19回IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS 19th)において、本学科出身の大学院生4名(創成科学研究科博士前期課程電気電子情報系専攻)が、「HISS優秀研究賞」ならびに「HISS最優秀プレゼンテーション賞」を受賞しました。「HISS優秀研究賞」は、同シンポジウムに投稿された論文のうち、優れた論文に対して授与されるものです。また、「HISS最優秀プレゼンテーション賞」は、同シンポジウムにおいて非常に優れたプレゼンテーションを行った発表者に対して授与されるものです。受賞した学生と受賞対象となった論文およびプレゼンテーションは、下記のとおりです。


■論文に関する賞

HISS優秀研究賞

  • 稲垣 達也(電気電子情報系専攻2年 松藤研究室)
    マッチドフィルタバンクを用いたZCZ-CDMA 通信モジュールの試作
  • 神原 勇太(電気電子情報系専攻1年 福士研究室)
    SLICを用いた移動物体抽出処理の並列化手法
  • 藏田 悠乃(電気電子情報系専攻1年 瀧本研究室)
    災害時の避難所運営システムの改良


■プレゼンテーションに関する賞

HISS最優秀プレゼンテーション賞

  • 大隈 晃平(電気電子情報系専攻1年 福士研究室)
    2次元トーラスNoCに対する混雑緩和を目的とした耐故障ルーティング法


【関連リンク】第19回IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS 19th)

Copyright © 2005-2017 Yamaguchi University, Faculty of Engineering, Dept of ISE. All Rights Reserved.