生体情報システム工学研究室

研究者紹介

間普 真吾

間普 真吾(准教授)
Mabu Shingo
研究関連キーワード
  • 機械学習
  • ニューラルネットワーク
  • 遺伝アルゴリズム
  • 知識発見とデータマイニング
研究室ホームページ
http://www.nn.csse.yamaguchi-u.ac.jp/

研究タイトル

機械学習によるビッグデータ分析技術の開発とその応用

人工知能、機械学習の研究は近年急速に進展し、画像認識などの分野では既に人間を超える性能を示すものも現れています。本研究では、ディープラーニングや各種機械学習手法を応用し、人間の意思決定をサポートするシステムや実世界の様々な異常を検知するシステムの開発を行っています。具体的には、分析対象となるデータの性質や規模に応じて適切な学習アルゴリズムを構築する研究や、応用として、医用画像から病変を検知する方式や、自然災害発生時に人工衛星画像から被災地域を高速に検出する方式の研究などを行っています。ディープラーニングを含む機械学習によって高精度な検知を行うには、正常や異常のラベルが付された大量の教師データが通常必要ですが、本研究では、教師データなし、あるいは少数の教師データを効率よく活用する学習アルゴリズムの開発も行っており、あらゆる現場で使いやすい人工知能の実現を目指しています。

機械学習によるビッグデータ分析技術の開発とその応用
①データベースを作成します。②機械学習(図ではディープニューラルネットワークの学習)を行います。③新たなデータに対する予測や検知を行います。


研究者紹介

呉本 尭

呉本 尭(助教)
Kuremoto Takashi
研究関連キーワード
  • 脳型情報処理
  • 機械学習
  • 知能ロボット
  • マルチモーダルインタフェース
研究室ホームページ
http://www.nn.csse.yamaguchi-u.ac.jp/

研究タイトル

インテリジェントコンピューティングとその自律ロボット開発への応用

情報技術(IT)の迅速な発展より、情報処理システムの高速化及び知能化が日々進んでいます。従来の工場内の自動化を目標としたロボットの開発は、今、人々の日常生活に役立つパートナーロボットへ移り変わりつつあります。 人間の音声、表情、ジェスチャーなどの情報を観測し、その中から指令や感情を推測してロボットが相応しいリアクションを出力するため、人工知能の技術が必要です。例えば、ヒトの脳の高次機能を模倣したニューラルネットワーク(人工神経回路網)を用いて、下の写真のように「ユーザーの手の形をペットロボットに見せる」だけて、「お座り」、「歩け」などの命令を随時に学習・実行できる知的情報処理システムを開発しました。今、音声や脳波などの信号を取り込み、人間相手の感情を察知し、効率が良い上、「心」のあるインテリジェントシステムの開発とその自律ロボットへの応用を行っています。




インテリジェントコンピューティングとその自律ロボット開発への応用
人間とロボットが日常生活で共存する近未来社会に向けて、「空気を読める」パートナーロボットを開発しています。

Copyright © 2005-2019 Yamaguchi University, Faculty of Engineering, Dept of ISE. All Rights Reserved.